STORY on bonobo

子育て奮闘中のママに贈る癒しムービー!元気をチャージして明日からも頑張ろう!映画『天使のくれた時間』

2016.11.30 | 心によい話

著者:土屋晴乃

content-pc-trailer-xlarge-000008779

目下、子育て中のママ達は、24時間365日母であり、名前で呼ばれることも激減し、「ママ」や「お母さん」がアイデンティティになってしまう現実に直面していませんか?

専業主婦やワーキングマザー問わず、家事からも育児からも仕事からも解放されて、ほんの数時間だけでも、身軽で自由気ままだったあの頃のように、自分の欲求に任せて、寝たいだけ眠り、好きな時間に起き、好きなものを食べ、ゆっくりと身支度を整えたいと思うことがあるはず。

また、シングルスを謳歌している友人達のキラキラライフをSNSで覗き見ては、隣の芝生が青々と茂っているのを眩しく思い、かつての自分と重ね合わせて意気消沈することがあるかもしれません。

もし、あなたが一つでも思い当たる節があり、育児疲れを自覚しているなら、アイデンティティクライシスを起こす前に見て欲しい映画、それがニコラス・ケイジ主演「天使のくれた時間」です。

ウォール街で成功をおさめ、超高級マンションのペントハウスに住み、フェラーリを乗りまわす優雅な独身生活を謳歌しているジャックは、クリスマス休暇を仕事で潰されようとも、今の自分の生き方に一点の曇りもなく満足していました。

しかしクリスマス前夜に巻き込まれた不思議な出来事により、翌朝目を覚ますと身に覚えのない場所で、隣には13年前に別れた恋人ケイトが眠っていて、2人の子供達のパパとして生活している自分になっていたのです。

仕事はタイヤのセールスマンで、家に帰れば娘の学校の送り迎えや息子のオムツ替えが待っている日々。ウォール街の成功者だった昨日までとは、あまりにも掛け離れ、フェラーリの代わりにファミリーカーに乗る人生を送っている自分を最初は完全に拒否し、小馬鹿にしていたジャックでしたが、時間の経過と共に新たな幸せの価値観に気づく様は、実に小気味いいものです。

子供達が寝静まった後に、ようやくホッと一息ついてお風呂に入れば、子供が泣いているような幻聴が聞こえて慌てて出てみたり、トイレに入ったら「ママー」と後追いする子がいて、おちおち用もたせなかったり。子供が出来て初めて自分の意のままにならないことばかりが増えて、子育ては正直楽しいことばかりではありませんが、見方を変えさえすれば、違った喜びを見つけられるはずです。青々と生い茂っていた隣の芝生は、よくよく眼を凝らすと、単に雑草が伸び放題だっただけで、あなたのすぐ側にこそ、小さな小さなタンポポの花が咲いているのかも。

そんなことを気づかせてくれる映画でした。子育てに迷った時、貴方をそっと応援してくれる作品になるはずです。


「天使のくれた時間」

content-pc-main-large-000008779


「東京家族」

content-pc-main-large-000000238


「あなたが寝てる間に・・・」

content-pc-main-large-000000738


「天使のくれた時間」(C)2000 UNIVERSAL STUDIOS
「東京家族」(C)2013「東京家族」製作委員会
「あなたが寝てる間に・・・」(C)Hollywood Pictures Company.


最新一覧
月別一覧
カテゴリ