STORY on bonobo

親子で楽しめるシンデレラの世界

2016.11.18 | 子供によい映画

著者:土屋晴乃

content-pc-trailer-xlarge-000000085

小さい女の子なら誰しも一度は夢見るであろうプリンセス。華やかなドレスを見に纏い、美しく、心優しく、誰からも好かれ、何より王子様に見初められる特別な存在。

我が家の娘もご多分にもれず、目下プリンセスブーム真っ只中で、映画館デビューは、2015年春に公開した実写版映画『シンデレラ』でした。

その頃はまだ3歳だった上、アニメーションでもない実写版のストーリーを最後まで飽きずに静かに観ることが出来るのか心配でしたが、私の不安をよそに、あっという間に作品にのめり込み、シンデレラのママとパパが死んでしまうシーンや、ドレスを破かれるシーンでは、声を押し殺してしばらく泣いていました。

まるで自分がシンデレラになったかのように泣く娘を横目で観察しながら、3歳でもすでに、物語の主人公に自らを投影し、喜怒哀楽を感じる情緒が備わっていることを妙に感心したものです。

本作はアニメ版『シンデレラ』の他、シャルル・ペローの『サンドリヨン』やグリム童話『灰被りの娘』なども一部踏まえた作品に仕上がっており、シンデレラファンには大満足間違いなしの、いいとこ取りした王道のシンデレラストーリーです。

また、とにかくその映像美に惹きつけられます。お馴染みのカボチャが馬車に変わるシーンや、シンデレラの破れたドレスが、目の覚めるような美しいブルーのドレスに様変わりするシーンは、言葉を失うほど。アニメーションで観ていた魔法の世界を壊すことなく、よりダイナミックで秀逸な映像に仕上がっており、CGやVFXの技術向上に改めてあっぱれ!子供のみならず、大人にも多くの感動を与えてくれるはずです。

そして何より驚いたのは、その変身したブルードレスの胸元にある印象的な蝶の飾りが、なんと若手日本人アーティスト宮本遥香さんの手作りだったという事実。27歳の日本人女性がディズニーの大作に関わっていること、そして日本人らしく繊細で優美で、緻密な仕事をされていることに、同胞として誇りを感じました。

大人も子供も魅了してやまない実写版『シンデレラ』の世界。是非とも親子で、ひと時の魔法に酔いしれてくださいね。ビビディ・バビディ・ブー!


「シンデレラ」

content-pc-main-large-000000085


「シンデレラ」

content-pc-main-large-000000161


「シンデレラII」

content-pc-main-large-000000539


「シンデレラⅢ/戻された時計の針」

content-pc-main-large-000000541


「シンデレラ」(C)2015 Disney
「シンデレラ」(C)2015 Disney
「シンデレラII」(C) 2015 Disney
「シンデレラIII/戻された時計の針」(C) 2015 Disney


最新一覧
月別一覧
カテゴリ