STORY on bonobo

食欲なければコレ観ましょ!

2016.09.07 | グルメ・食の力

著者:おじょん

content-pc-trailer-xlarge-000000037

今日なに食べた?
人生で誰もが欠かすことのできない食事。私は食べる方ももちろん、食べてる人を見るのもすごく好き。

てなわけで、とにかく食事が大好きな私。もちろん映画の世界でも描かれる食事シーンも大大大好きなの! そのシーンだけ再度観たりすることもしばしば。アレってなんであんなに美味しそうに見えちゃうのかしらね??

『パルプ・フィクション』でハンバーガーをほおばり、スプライトを飲み干すシーンや『殺しが静かにやって来る』で男がでっかいチキンを、指を油まみれにしながら食べるシーン。『ウォーターワールド』で獲った巨大な魚を焼いてむさぼるシーン。洋画の食事シーンって豪快でカッコいいのよね!『ファーゴ』の妊婦の主人公警部がブュッフェでマッシュポテトやミートボールを大量にとって頬張るシーンもいいわ~。私はゲイだけど、美味しそうに食べる女の人は大好き!

洋画に多いんだけど、食べながら喋るのよ。あくまで食事がメインではなく、シーンの一部としてさりげなく食事を描いてるのね。食べながら話すのはお下品! と思う方もいるかもしれないけど、私はなんだかカッコよくて好きなのよね。あの食べ物でこもった声とか聞いてるだけでこっちも腹減ってくるわ(笑)。

邦画は日本らしく、静かに食事をするシーンが多いわ。それも食事に集中してる感じも出るし、食事がメインな作品もたくさんあるわよね。

『タンポポ』ではラーメンがメインなんだけど、その他にもいろんな料理が出てきて、食べることの歓びをうまく表現しているわ。大滝秀治がすごい勢いで食べるおしるこ、かもなん蕎麦も美味しそうよー! ダメって言われてるのに食べちゃうから結果、餅を喉に詰まらせて死にかけるんだけどね(笑)。

『めがね』に出てくるロブスターとビールもすごく美味しそうで不思議。なにが不思議って私、ロブスターが大の苦手なのよ。にも関わらず美味しそうと思わせるのが映画の魔法よねぇ。

『かもめ食堂』は、トンカツをザクッザクッと切る音や、唐揚げをカラカラと揚げる音。おにぎりを食べる時のごはんの柔らかなモショっと、海苔のパリっと割れる音。食べ物の音も大切に使ってて聞いててこれまた腹が減ってくる。

『深夜食堂』では食べ物の品ひとつひとつにドラマが付いてて、生きてて切ないことや寂しいことも、食事というオアシスで肩の力をふと軽くしてくれる。

そう、食事って金持ちも貧乏も、どんな人だってその時だけはみんな幸せになれる、この世に残された数少ない平等な時間。あなたも映画で食べるシーンを観て、主人公になった気分で美味しい時間を作ってみてはいかがかしら。

でも私みたいに20キロも太らないように注意よ!(笑)


「映画 深夜食堂」

content-pc-main-large-000000037


「めがね」

content-pc-main-large-000007239


「かもめ食堂」

content-pc-main-large-000007238


「映画 深夜食堂」(C)2015 安部夜郎・小学館/映画「深夜食堂」製作委員会
「めがね」(C)2007 めがね商会
「かもめ食堂」(C)2005 かもめ商会


最新一覧
月別一覧
カテゴリ