STORY on bonobo

覚悟して観ろ!不快指数120%ムービー!

2016.07.23 | 心理サスペンス

著者:おじょん

content-pc-trailer-xlarge-000005321

幸も不幸も重なるものよね。にしても…

イライラするわぁーー!!!(怒)

表紙の写真見てよ! うちの店の天井なんだけど、水漏れしちゃってんの。四六時中ぽたぽた。それだけならまだしもよ? 重ねて水道のパイプからも水漏れ! さらにエアコンからも水漏れ!! とんだ水難が重なっちゃってんのよ! 私が何したっていうのよ!!(泣怒)

本当、不幸が重なるとストレスも溜まって大変。
だから簡単な映画でも観て気分転換しましょ♪と、bonoboで適当に映画をチョイスしたら、これまたすんげー後味悪くて不快指数極まりない作品だったの。ありえる? 私、不幸真っ只中!イェイ!

けどハッピーじゃない結末って意外と平気だったりするのよねー。
簡単に言えば、私はドラマよりドキュメント派。なんでも笑顔で完結すればいいってもんじゃないわよ。そんな人生甘くねーっつーの!
とか常日頃思うので(根性悪)最悪の結末を迎えても「それもアリかもな」ってどこか腑に落ちちゃう。観てる最中は歯軋りするほどイライラもするんだけどね。

ということで今回はシンプルに不快指数極まりない作品を3つ選んでみました♡
…誰のためになるのかしら(笑)

『オープン・ウォーター』
とある夫婦が海外のスキューバダイビングツアーに参加して海中散歩を楽しむんだけど、添乗員が人数を数え間違えて2人を残して帰っちゃうの。夫婦が取り残された大海原。そこは鮫の集まる場所でした。
ジョーズみたいに派手ではなく、恐怖が地味にジワジワと近寄ってくる感じがめちゃ怖いのよ。しかも撮影時は本物の鮫を使ったっつーから役者さんの恐怖に引きつる顔も本物。しかもしかも、これ、実話だっつーからオシッコちびびだわよ。

『[リミット]』
目が覚めれば棺の中に生き埋め。手元には携帯と、いくつかのアイテム。あなたならどうする?
閉所恐怖症は観られないわね。終始、棺の中で主人公が一人芝居頑張ってたわ。けどいろんな箇所で苛ついたわ! なにやってんだよ!! ってガチで怒鳴っちゃったからね 私。
イライラ募らせてくれて、最後は…おっとネタバレ危ない。
しかしアメリカの企業や機関って本当にみんなあんななのかしら。腹立つわぁ…あ、なんでもない、独り言よ。

『ファニーゲーム』
パパ、ママ、息子の幸せな3人家族の家に、2人のお兄さんが卵を借りにきます。それが不幸のどん底。3人は監禁されてしまい、お兄さんにこう言われるの
「明日の朝まで君たちが生きてるか賭けをしないか?」
劇中、血が流れたり、過激な暴力シーンはほぼないの。けど、これは私が観た中で1番の不快な暴力作品だわ。
本当にクソみたいなストーリーなんだけど、観てる側の感情を簡単に操っちゃうこの監督はすごいわ。まさにファニーゲームよ。

とまぁ、すべてオススメしていいかわからないような作品だけど、もしかしたら新しい映画の観方、楽しみ方が見つかるかもしれないわね。覚悟して観なさい!


「[リミット]」

content-pc-main-large-000005321


「[リミット]」(C)2009 Versus Entertainment S.L. All Rights Reserved.


最新一覧
月別一覧
カテゴリ