STORY on bonobo

著者:おじょん

2016.05.01 | 【著者】

おじょん


煙草、酒、場末、下ネタが好物。新宿2丁目にあるゲイバー“昭和歌謡すなっく に〜ぶい”のアラフォー現役ママ。

座右の銘は「笑われてるんじゃない 笑わせてるの」。趣味はYouTubeの【観覧注意】を見まくること。大のドリカムとサイコサスペンス好き。様々な趣味の男を渡り歩いた結果、ジムのパーソナルトレーナーに「だ、男性では驚異的です!!」と言わしめるほどの股関節の柔らかさを持つ。

学生時代、親の莫大な借金で絵に描いたような貧乏生活を過ごす中、先輩に食われ捨てられゲイの道を爆進。失恋からの脱皮と、ミュージシャンの夢を抱き、東京へ上京。アルバイトをしながらバンドを転々とし、ついにインディーズでプロデビューを果たし、ライブ、作詞、コラム、ラジオパーソナリティをこなす!しかし、「プロデューサーに全部決められるのが嫌だし飽きちゃったんだよねぇ〜」という理由でサラッとミュージシャンを辞め、2丁目で夜な夜な飲み明かす生活を送る。そんなある日、「金を落として飲むよりも、金を落としてもらって飲んだ方がいいのではないか」と、ゲイが落ち着いて飲めて、話せて、堂々と笑えて泣けるゲイバーをコンセプトに店を開業。

ノンケの2丁目進出が多く、パーティーピーポーが増殖しつつある昨今、ダミ声と笑い声を絶やさず日々、営業中。これを読んで当店に興味を持ったノンケさん。残念ながら一見さんはご遠慮ください。ゲイ同伴なら相談可。ノンケ男子でもイケメンなら入場可。

最新一覧
月別一覧
カテゴリ