STORY on bonobo

2016年12月

新年に向けて心機一転!子供のひたむきさに背中を押される映画3つ

2016.12.31 | あなたならできる

著者:さくら子 特にルーティンワークをしていると、「この1年、何やってたんだろう」というくらい、大して成長していない自分に落ち込むことってありませんか? かといって新年の夢や目標も思いつかず、忘年会・新年会の予定だけはバッチリとか(笑)   薄々「このままではダメだ」と思いながらも、ずるずると新年を迎えそうな年末。 夢や目標に突き進む子供たちを観て、昔のひたむきさを思い出しましょう。   まずは、現実だからこそ胸を打つドキュメンタ...

もっと見る >

一歩前に出る勇気が欲しい!人生の正念場にいるあなたに観てもらいたい映画

2016.12.26 | 自分に喝、気合いを入れる

著者:いこまゆきこ 学校出て就職して、だれかいい人がいたら結婚して、子どもが出来たらすっぱり仕事辞めて専業主婦、なんてコースを思い描いてたのに、人生を一緒に歩みたいと願うほどいい人は未だ現れず、当然子供もおらず、意外にも仕事がだんだん面白くなって、気がついたら管理職一歩手前…なんて女性、多いのではないかしら? 私のまわりにもそんな「思いがけずキャリア」な女性がたくさんいらっしゃいます。 最初から「バリバリ仕事する!」と息巻いて入社した人の方が、理想と現実...

もっと見る >

お疲れ気味の20代女性会社員を癒す、心温まる日常を描いた映画3つ

2016.12.22 | あなたならできる

著者:さくら子 社会人になって数年、もちろん前向きにバリバリ働き、プライベートも充実し、クリスマスの予定にウキウキ、という人もいるでしょう。 その一方で、 「ただ目の前の仕事に追われる毎日で、将来に漠然とした不安がある」 「クリスマスなんて、普通に仕事して帰るだけ」 「SNSで友達の結婚・出産報告を見ると、自分はこのまま一人なのかと焦る」 ・・・という女子も多いのではないでしょうか。   そんな時に、デキる美男・美女のサクセスストーリーを...

もっと見る >

誰かからのサインかも?見えるはずのないものが見えるとき

2016.12.19 | 心によい話

著者:田子みどり 世の中には、現世で見えるはずのない存在が「見える」人がいるらしい。目には見えないけれど、気配を「感じる」人はもっと多いらしい。私には見えないし、感じもしない。でもひょっとしたら無意識のうちに、「見ない」ように「感じない」ようにしているだけなのかもしれない。そう思っている人は、多いのではないでしょうか。   『シックス・センス』(1999)は、自分が「見える」ことに怯えて心を閉ざす8歳の少年と、彼の心を開こうとする小児精神科医の映画...

もっと見る >

仕事、恋愛、人生の悩みに効く!クリスマス映画の処方箋3本

2016.12.15 | 心によい話

著者:電気ヒツジ 誰しもが幸せな気持ちになるクリスマスシーズン。街にはイルミネーションが灯り、ロマンチックな雰囲気も最高潮!しかし、そんな世間の浮かれムードとは反対に、「最近どうもうまくいかない…」と悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな悩みを吹き飛ばすクリスマス映画の「クスリ」を、お悩みにあわせて3つピックアップしました。   <仕事の悩み>いまの仕事向いてないかも…転職したい! <処方箋>自分の適性を考える/『ナイトメアー・...

もっと見る >

2017年「大ブレイクする自分」になる準備はOK?内なる野心に火をつける映画3選

2016.12.12 | あなたならできる

著者:AMI 台湾に来る前に在籍していた日本の会社ではちょっと面白い経験をしました。 私が入社した時は18人の小さなベンチャー企業だったのですが、その後、時代の波にのり、たった数年の間にグループ全体で5000人という規模になりました。ベンチャー業界にいると、周囲でも「ちょっと前は普通のサラリーマンだったけど(小さな会社だったけど)今や」みたいな話はとーってもよく聞きます。   「奇跡って本当に起こるんだ!」を間近で経験したことは、今の自分の考え方...

もっと見る >

人生をかけて人間力を表現し続けた二人のアーティスト

2016.12.08 | 過去を学んで未来をみる

著者:こにまゆた 『Pina /ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』   悩み多き現代社会を生きる私たちに訴えかける圧倒的なパフォーマンス。ダンス界のカリスマ、ピナ・バウシュの舞台は常に刺激的だ。危うい男女間の愛憎や欲望、悩みや悲哀、残酷さや非情など、人が生まれ持っている根源的な感情を言葉に頼らず、肉体だけでどこまで表現できるかに挑戦し続けた人かもしれない。さらに、さまざまな人種や性、そして年齢をも超えて縦横無尽に踊るダンサーたちの多様性を背景に生み...

もっと見る >

母性と女性、どちらの生き方を優先する?

2016.12.04 | 人間ドラマ

著者:こにまゆた 『あなたを抱きしめる日まで』 「事実は小説より奇なり」というが、実話をもとに映画化された作品に面白いものが多い。この映画もウソのような本当の話。 厳格なカトリック思想が残るアイルランドでは、10代で未婚の母になったり、レイプされた女の子たちが精神修養とは名ばかりの修道院に預けられていたようだ。この映画の主人公フェノミナも不遇の子を修道院で出産するが、子供は養子に出されてしまう。ここに描かれている修道院側の差別的な対応がもし本当であれ...

もっと見る >

最新一覧
月別一覧
カテゴリ