STORY on bonobo

2016年11月

子育て奮闘中のママに贈る癒しムービー!元気をチャージして明日からも頑張ろう!映画『天使のくれた時間』

2016.11.30 | 心によい話

著者:土屋晴乃 目下、子育て中のママ達は、24時間365日母であり、名前で呼ばれることも激減し、「ママ」や「お母さん」がアイデンティティになってしまう現実に直面していませんか? 専業主婦やワーキングマザー問わず、家事からも育児からも仕事からも解放されて、ほんの数時間だけでも、身軽で自由気ままだったあの頃のように、自分の欲求に任せて、寝たいだけ眠り、好きな時間に起き、好きなものを食べ、ゆっくりと身支度を整えたいと思うことがあるはず。 また、シングルスを...

もっと見る >

オトナ女子も楽しめるコミック原作映画

2016.11.27 | 女子力アップ

著者:松村知恵美 仕事に疲れたアラサー・アラフォー女性にこそ観て欲しい! あの頃のトキメキを思い出させてくれる少女漫画原作映画三選。 映画ライターという職業柄、いろいろな映画を観させてもらっています。少女漫画原作の恋愛映画も数多く観ているのですが、気付けばすっかりアラフォーになってしまった身としては、対象年齢を外れすぎて、まったく共感できなかったりすることも…。 でも、そんなアラフォー女をもときめかせてくれる少女漫画原作の映画も、もちろん存在します。 ...

もっと見る >

もしも、それが自分の人生だったら?仕事に行き詰ったサラリーマンに観てほしい「天才の歩み」を描いた映画

2016.11.24 | あなたならできる

著者:田畑健太 「もし、自分が天才だったらもっと違う人生が送れていたのに」。受験シーズンの足音が聞こえ始めると、仕事に行き詰ったサラリーマンは、こんな風に人生を振り返ったりすることがあります。 ところで“天才の人生”は本当に幸せなのでしょうか。映画を通して、歴史上の天才の人生を観ることができます。 ■イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密(2014年) [監督:モルテン・ティルドゥム 出演:ベネディクト・カンバーバッチ/キーラ・ナイトレ...

もっと見る >

自分で自分に呪いをかけていませんか?「最近の自分、イケてない!」と感じたら、この1本

2016.11.21 | あなたならできる

著者:大西桃子 何をやってもパッとしない。こんなはずじゃなかった。でも、こんなもんか。まぁ、しかたがないか。 35歳という年に、そんなことをふと思ったりする。 大学生の頃はもっと、いろんな未来が描けていた。中学生や高校生の頃は、もっともっといろんな夢が描けていた。いつ見た未来も、その中で私はキラキラキラキラまぶしかった。 でも現実は、そうはいかない。でもみんなそうでしょう?大人になったから、わかるんだ。自分はここまでだって。35歳まで来たら、もうできあがっ...

もっと見る >

親子で楽しめるシンデレラの世界

2016.11.18 | 子供によい映画

著者:土屋晴乃 小さい女の子なら誰しも一度は夢見るであろうプリンセス。華やかなドレスを見に纏い、美しく、心優しく、誰からも好かれ、何より王子様に見初められる特別な存在。 我が家の娘もご多分にもれず、目下プリンセスブーム真っ只中で、映画館デビューは、2015年春に公開した実写版映画『シンデレラ』でした。 その頃はまだ3歳だった上、アニメーションでもない実写版のストーリーを最後まで飽きずに静かに観ることが出来るのか心配でしたが、私の不安をよそに、あっとい...

もっと見る >

30代女性に贈る、キラキラスイーツで女子力を回復させる映画3選

2016.11.17 | グルメ・食の力

著者:RM 淡いパステルカラーのクリームやマカロン、さくさくのメレンゲクッキー、チョコレートがとろりと中から溶け出すフォンダンショコラ、洋酒たっぷりの濃密なシュトレン、季節のフルーツをのせて焼き上げたタルトやパイ…… 見た目麗しいスイーツたちは、日々のストレスで落ちていた女子力を高めてくれるというもの。 化粧品のパッケージデザイン然り、目から入って来る情報に女子力回復の鍵があるのかも?! そんな女子力復活を期待できる、特効薬的キラキラスイーツの登場...

もっと見る >

「くちびるに歌を」~ど真ん中の青春映画でリフレッシュ&自閉症への理解を深めよう!

2016.11.15 | 心によい話

著者:伊藤淳子 自閉症の兄とその弟が旅をするロードムービー『レインマン』、がんで余命宣告を受けた父が、重い自閉症の息子の自立を目指して奔走する『海洋天堂』――自閉症をテーマにした映画といわれて私が真っ先に思い浮かべるのはこの2作。 今回ご紹介する『くちびるに歌を』は、自閉症の当事者と家族の描き方において、両者に匹敵する映画といっても過言ではありません。 「ええ、そうだっけ?」と頭に疑問符を浮かべる人もいるでしょう。たしかに、この作品はアンジェラ・アキの名曲「...

もっと見る >

今だからこそ「真心(まごころ)」を考える

2016.11.13 | 心によい話

著者:福井靖典 「真心込めて、、、」 大切なとき、特別なときによく使う言葉です。 しかし普段の生活ではあまり聞きませんし、まず「真心」って何?と思ってしまう人も多いと思います。辞書で調べると「人に尽くそうという純粋な気持ち」とありました。 改めて自分の人生や日々の生活を振り返っても、いつも自分の利益を中心に考えてしまい、なかなかそんな気持ちを持てていないことに気づきます。 映画『海難1890』は、そんな普段忘れがちな「真心」の大切さと、その気持ちが生み出す...

もっと見る >

イケメンじゃなくてもかっこいい。そんな男の魅力再発見!な映画。

2016.11.10 | イケメン&美女

著者:純 世の中、イケメンイケメンと騒ぎがちですが、そんなにイケメンでなくてもついつい気になる、なんだか好きになってしまう、そんな男性いませんか? ちょうど5~6年前、関西ではあの伝説的バラエティ番組「水曜どうでしょう」が再放送で流れており、欠かさず観ているうちにすっかり虜になってしまったのが大泉洋…通称・洋ちゃん。イケメンとは言わない(たぶん)部類に入るとは思いますが、妙に気になる人ですよね。そして、そんな時に飛び込んできたのが「探偵はBARにいる」の映...

もっと見る >

人間の業や情の本質をヤクザ映画から学ぶ

2016.11.04 | 男気アップ

著者:こにまゆた 「仁義なき戦い」 1970年代にヤクザ映画の概念を変えてしまった深作欣二監督の出世作。女性にとっては苦手なジャンルかもしれないが、この映画を初めて見てファンになってしまった人も多いはず。それまで高倉健などが主演した任侠映画は、義理と人情をベースにした形式美の様相を呈していて、見ているうちに筋書きがわかってしまうものも多かったが、これは全く結末の見えないスリリングな展開が続いていく。ギャングやマフィア映画の金字塔といわれるゴッドファーザーに...

もっと見る >

究極の愛と人生を映画から学ぼう!

2016.11.01 | 男と女 恋愛 SEX

著者:こにまゆた 「フランス組曲」 実はこの映画ができるずっと以前に、原作が欧米で350万部以上のベストセラーを記録したという記事を読んで気になっていた。イレーヌ・ネミロフスキーという女性作家は、「フランス組曲」執筆中にアウシュビッツで亡くなってしまうが、未完の遺稿はその後60年もの間、封印されていたらしい。しかし、遺族の思いと共に小説として世に出されるやいなや大反響をはくし、その10年後、未完部分を加えての映画化が実現したのだそうだ。 舞台は194...

もっと見る >

最新一覧
月別一覧
カテゴリ