STORY on bonobo

2016年7月

サーキットが熱かった80年代、主題歌を聞いただけでテンションが上った。

2016.07.31 | ファッション・車

著者:純 私が小学生の頃、父の営む書店にはバイクのレーサーを目指すお兄さんたちがアルバイトに来ていて、小さなサーキットで行われる草レースの手伝いに行ったり、バイクの後ろに乗せてもらったりと、女の子ながらバイクがとても身近な存在でした。 その頃は、男の子の大半は車やバイクが大好きで、今では数冊しか入荷しないバイクのレース雑誌が山積みになっていて、発売日にはどんどん売れていくのをとてもよく覚えています。 漫画でも『バリバリ伝説』というバイク漫画の連載が始まり...

もっと見る >

「離婚」という選択肢が心に浮かんだら、ぜひ見てほしいイラン映画

2016.07.29 | 人間ドラマ

著者:三橋曉 イラン映画と聞いて、まず思い浮かべるのは『アルゴ』かもしれない。 題材になったアメリカ大使館占拠事件は、その頃まだ生まれていなかったという人のために説明しておくと、イランの首都テヘランにあるアメリカ大使館が反米デモ隊に占拠され、多数の外交官が人質にとられたという事件。1979年に実際にあった出来事だ。 カナダ大使公邸に身を隠していた6人の外交官を救出するため、映画のロケ隊を装ったCIAのエージェントがハラハラドキドキの救出作戦を繰り広げるという...

もっと見る >

健やかなるときも病めるときも、喜びのときも悲しみのときも…えーっと、続き、覚えてる?

2016.07.25 | 人間ドラマ

著者:相山華子 結婚した経験のある人なら、一度は思ったことあるんじゃないかな? 例えばオット(あるいはツマ)と一緒に寝ていて、ふと目が覚めた深夜、無防備に眠りこけている相手の顔をしげしげと見ているときやなんかに「なんで私、この人と結婚したんだろ?なんで今ここに一緒に寝てるんだろう?」って、不思議に思うこと、ありません?? 私は、たまにあります(笑)。 だって、私だってまがりなりにも若い頃には他の男性とあれやこれやもあり、あんなこともこんなこともした...

もっと見る >

同窓会、そこに待つものは…

2016.07.25 | 人間ドラマ

著者:さくら子 同窓会の案内が届きました。 さて、行こうかどうしようか…。 きっと、何のためらいもなく同窓会に参加できるのは、「楽しい学校生活を送り」「それなりに自慢できる人生を送っている」人ではないでしょうか。 また、「出会いのチャンス!」と捉えている人もいるでしょう。 同窓生は、過去を知っている分安心できて、一気に距離が縮まるのだとか。 映画やドラマでも、そんな場面をよく見ますね。 「実際に経験がある」「周りでカップルができた」という人も...

もっと見る >

覚悟して観ろ!不快指数120%ムービー!

2016.07.23 | 心理サスペンス

著者:おじょん 幸も不幸も重なるものよね。にしても… イライラするわぁーー!!!(怒) 表紙の写真見てよ! うちの店の天井なんだけど、水漏れしちゃってんの。四六時中ぽたぽた。それだけならまだしもよ? 重ねて水道のパイプからも水漏れ! さらにエアコンからも水漏れ!! とんだ水難が重なっちゃってんのよ! 私が何したっていうのよ!!(泣怒) 本当、不幸が重なるとストレスも溜まって大変。 だから簡単な映画でも観て気分転換しましょ♪と、bonoboで適...

もっと見る >

病んでる時に最適。永遠のカリスマ、ビートルズのジョン・レノンを題材にしたオススメ映画。

2016.07.21 | 心によい話

著者:レイ 齢41の私、ビートルズとの出会いは、中学時代。英語の先生が授業の最初にいつもビートルズの曲を一曲、歌詞カードを配って聞かせてくれた。ある日先生にこの曲好きだと話したら、カセットテープにダビングしてくれた。 それから時は経ち、大学時代。授業が休講で朝から1人暇になってしまった私は、渋谷の映画館へ。ガラガラの映画館で観たのが「バックビート」。 もう1人のビートルズの存在を描いた作品なのだけど、館内に足を踏み入れた瞬間、大音量でかかっていたビー...

もっと見る >

「好きになっちゃいけない人」を好きになってしまったあなたへ

2016.07.19 | 男と女 恋愛 SEX

著者:大西桃子 好きになっちゃいけない、だけど好き。そんな関係に悩む女子たちに見てほしい映画2作 「私は知ってた。ユタカが好きな絵本。虎がバターになるように、 私は溶けてなくなっていく。このまま時間が止まればいいのに」 これは、ダメ男のユタカに恋をしてしまった、ゆうこの声。映画『さよならみどりちゃん』の一場面です。溶けてなくなっていくような感覚に溺れていたい。自尊心とか常識とか、どうでもいい。このまま溶けてなくなっていきたい。こんな恋をしていてはいけ...

もっと見る >

パパたち、子供の防犯対策って何かしてますか?

2016.07.17 | 人間ドラマ

著者:ぞうがめ こんにちは、ぞうがめです。 うちには幼稚園に通う息子がいますが、最近は外で遊ぶ頻度がどんどん増えていくので、交通事故や誘拐など、以前よりも心配ごとがちょっとずつ増えていたりします。 つい先日も、“マクドナルドが新小学一年生に防犯笛85万個を提供した”なんてニュースを見ながら、やっぱり今の時代、子供の防犯対策はしっかりしておかないとな~なんて思っていたものです。 ただ、自分の子供時代を振り返ってみると、“防犯グッズ”ってあまり記憶...

もっと見る >

真の奪還劇は爽快そのもの。日々の鬱憤もこの映画で吹き飛ばそう!

2016.07.15 | 気楽にエンタメ

著者:こにまゆた 第二次世界大戦下のナチスドイツが、侵略した美術館や個人資産から相当数の美術品を略奪したというのは有名な話。画家を目指し挫折したアドルフ・ヒットラーが、自身の壮大な美術館構想のために組織的な略奪を行ったともいわれているが、果たして彼が普通に美大生になっていたら…と思うとやるせない。そして現在でもナチの関係者が隠したという美術品が水面下で流通しているという噂は絶えない。 「ミケランジェロ・プロジェクト」の原作者、ロバート・エドゼルによると、こ...

もっと見る >

日頃のいろいろを吐き出したい!密かにデトックス効果抜群の「女同士のドロ試合」3選

2016.07.13 | 女子力アップ

著者:AMI 職場や学校で、はたまたソーシャルメディア上で、相手より上の立場に立とうとする女性のことをマウンティング女子と呼ぶことが定着して久しい。今までなんとなく女子の間では「暗黙の了解」的に存在していたモノに名前がついて、いよいよ白日の下にさらされた感と共にその存在を認めることである意味「スッキリ」した人が多かったのも、マウンティングを主題にした幾つかのドラマがヒットしたことが証明している気がします。 さて、今からさかのぼること30年前にスタートした人...

もっと見る >

なぜピクサーは快進撃を続け、ジブリは撤退したのか? ピクサーに学ぶ組織作り

2016.07.11 | ビジネスを知る

著者:電気ヒツジ 先日「ピクサー展」を見るために東京都現代美術館に行ってきたのですが、会場の外まで続く2時間待ちの大行列を目にしてすっかり心がくじけ、スゴスゴ帰ってまいりました。なんでそんなに人気なのかなーと並んでいた人たちをチェックしてみると、子供連れのファミリーから、キャラクター好きの若い女の子たち、アートに興味ありそうな中高年カップルまで、年齢層がめちゃくちゃ幅広いです。どの年代にも愛されてるんですね。 興行面はもちろん、ピクサーは観客・批評家双方か...

もっと見る >

ディズニー映画で心を育てる

2016.07.09 | 子供によい映画

著者:土屋晴乃 先日、娘と映画デートをしてきました。以前から娘が観たがっていた『ズートピア』を前情報なしで鑑賞。正直、子供向けの映画だと高を括っていたので、ポップコーン片手にお気楽に鑑賞するつもりが、その質の高さ、内容の濃さに、ポップコーンを頬張る手が止まりました。ディズニー映画史上でも、近年稀に見るほどメッセージ性の強い、琴線に触れる傑作で、4歳の娘がどこまで理解できたのか定かではありませんが、折りに触れて、何度でも子供たちに観せたい映画のひとつになりました。...

もっと見る >

是枝裕和監督ラブ!おすすめ2選

2016.07.07 | 人間ドラマ

著者:おじょん 【ゲイバーのメリット】 その1 酔っぱらいながら募金ができる(画像参照) その2 イケメンさんとお話ができる(ブスもいるけど) その3 お客さんとの会話でいろんな情報を共有できる 中でも3が醍醐味だわね。私の知らないたくさんのことをお客さんから教えていただくわ。 こないだ映画の話になったのよ。すると、お客さんが是枝裕和監督をお薦めしてくれたの。ママはたぶん好きだろうって。 監督の名前こそ聞いたことあったけど、観たことなかった...

もっと見る >

音楽があれば人生Happy!恋愛下手な貴方にも素敵な絆が生まれるかも

2016.07.05 | 音楽・ミュージカル

著者:こにまゆた アイルランドを初めて訪れると荒涼とした風土とは裏腹に人々が明るく人懐こい事に驚かされるのだが、そんな人々の気質はこの国の伝統音楽(ケルト音楽)とも関係している。アイルランドの代表的な歌手といえばエンヤやアイリッシュロックを確立したU2とクランベリーズ。彼らの曲にも魂に訴えかけるような独特な旋律が感じられる。 そして現在もダヴリンの目抜き通りでは、ストリートパフォーマーやミュージシャンがしのぎを削っていて、そのレベルもかなり高い。 「On...

もっと見る >

おいみんな、ぎょう虫検査が廃止されたってよ!

2016.07.03 | 気楽にエンタメ

著者:ぞうがめ こんにちは、ぞうがめです。 残念なお知らせです。国内のぎょう虫はほぼ絶滅し、平成27年度(2015年度)でぎょう虫検査が終了したと文部科学省から通達がありました。 これでもう、朝のトイレから漏れてくる「もー、もー」という声も、「お前のシートう○こ付いてんじゃねぇの!」なんて教室でふざけ合う子供たちの会話もなくなってしまうのです。なんだか寂しいですが仕方ありません。ひとつの時代が幕を閉じたのですから…。 さて、ぎょう虫ってそもそも...

もっと見る >

知れば知るほど怖くなる。あなたが毎日食べているソレ、大丈夫ですか?

2016.07.01 | グルメ・食の力

著者:土屋晴乃 妊娠・出産を経験して変わったもの…、シミやシワ、体重、体型の変化など、容姿云々の話はさて置き、圧倒的に変わったのは、紛れもなく「食に対する意識」です。 それまでは、アナウンサーという仕事柄、不規則な生活を数年間続けていた上、多忙だったこともあり外食ばかりで食生活はかなり乱れていました。 アレルギー体質で小さい頃からアトピー性皮膚炎の持病を抱え辛かった経験もあり、子供たちには同じ思いをさせたくない…との願いから、食を見直すようになりました。...

もっと見る >

最新一覧
月別一覧
カテゴリ